わきがを治したい人のための対策方法

わきがを治したい人のための対策方法について

わきがを治したい人のための対策方法についての解説をします。

 

まずは、わきがを治すための制汗剤やデオドラントでの対策方法について紹介します。

 

わきがを治したい時に制汗剤やデオドラントでの対策方法

わきがだからといって、諦めてはいけません。諦めてそのままにしておくと、知らないうちに自分の周りから人がいなくなってしまいます。好感度を得るためには、見た目だけではなく匂いも大事です。わきがの疑いがある人は、やはり夏場が一番危険です。ワキガ臭くなる危険性が高いので、予め対策を練っておきましょう。

 

まず、一番に手頃なわきがの対策としては、制汗剤やデオドラントなどです。最近では、いろいろな制汗剤やデオドラント製品がドラッグストアで並んでいます。以前は、スプレータイプの商品が殆どでしたが、最近では直接、肌に塗る商品や、クリームタイプの製品など、より密着して付けられるような物が増加傾向にあります。

 

また、制汗剤とデオドラントは名前が違うだけあって、若干その目的も異なります。制汗剤は、収斂作用があり、その部分の血流を抑制し、汗をかくのを防止する効果があります。それに対して、デオドラントは、塗布することで皮膚での雑菌の繁殖を防ぐ効果を期待できます。よって、わきが対策にはデオドラントの方が効果的です。ミョウバンや銀イオンなどが含まれている商品が、菌の繁殖を抑えるのに効果的です。

 

最近では、制汗剤とデオドラントの区別が無くなってきている製品も多くなってきました。要するに、両方の効果があるというタイプの商品です。さらに、最近ではシートタイプのデオドラントもあります。汗をかいたときに拭き取ることで、臭いの原因となる汗を排除する効果と、べたつく肌をさらっと爽やかにする効果があります。こういったものを小まめに利用して、臭いを防ぐようにしましょう。

わきがを治したいなら清潔を心がける

わきがを治したいなら、いつもカラダを清潔に保つように心がけておくのも大切です。

 

わきがの原因は様々にありますが、根本的には汗と雑菌です。汗をかいたとしても、清潔にしていれば臭いは極力、抑えることができます。ですので、汗をかいた後のケアが、できているかできていないかで、キツイ臭いになるかどうかが左右されます。

 

夏場やスポーツをした後には、間違いなく汗をかいてしまいます。汗をかくのは、健康にも良い状態ですので、それ自体には問題はありません。汗をかいたら、その後の処理が大事だということです。もし、シャワーを浴びられる環境であれば、汗を流すのが一番良い方法です。

 

可能であれば、脇の下などを石鹸で洗えばベストでしょう。ですが、いつでもシャワーを浴びられる環境かというと、そうでもありませんよね。もし、シャワーが浴びられないのであれば、とりあえず着替えだけはしましょう。汗をかいた衣服をそのまま着ていると、わきがが臭うだけではなく、衣服自体も臭ってしまいます。

 

汗をかきやすいならば、予め着替えを用意しておくと良いでしょう。また、その際にはデオドラントシートなどで一度、身体を拭くと良いですね。汗を拭き取るだけではなく、臭いの原因となる雑菌を抑える成分をも含まれていますので、汗をかいたあとの身体をリフレッシュできます。その後、念のためにもう一度デオドラントを腋に使用すると完璧でしょう。

 

どのような状況でも、できる限り清潔を保つように対策をしておく。それが、わきがを治すための対策方法や臭い予防になります。

わきがを治したいのであれば食生活に注意する

わきがを治したいのであれば食生活に注意しておくと効果的です。

 

生活や食事、ケアなどをしたところで、正直なところ、元々ある腋のアポクリン腺の数や働きを弱める効果はありません。結局、元あるアポクリン腺が原因になってしまう。そうなると、いくらワキガのケアをしたとしても、ちょっと気を抜けば、またすぐにワキガの臭いを巻き散らしてしまう可能性があります。

 

それでは、私生活も安心して送る訳にはいきませんよね。そうすると、ストレスになったり、精神的にも参ってしまいます。そうなったら、最終的な手段としては、手術をするようにお奨めします。手術にも色々とありますが、要はワキのアポクリン腺を切除してしまうというものです。

 

わきがの手術をする方法は二通りで、吸引してアポクリン腺を取る方法と、腋の下を切開してアポクリン腺を切除する方法があります。吸引法は、ワキガがあまりひどくない人向きです。切開する方法は、間違いなく切除できるので、わきがを治す効果も高いです。ですが、やはり腋にメスを入れるというのは少し抵抗があります。

 

自分がどちらの方法が適しているかは、ドクターの判断に任せると良いでしょう。ワキガの手術が可能なのは、皮膚科や美容皮膚科、美容整形外科などです。わきがは手術をしないと、やはりいつまでもコンプレックスから解放されないでしょう。

 

一度、わきがの手術をしてしまえば、それからはノンストレスになりますから、ワキガに悩まされているようであれば、思い切ってわきがを治すために手術をするという選択肢も良いのではないでしょうか。

 

わきがの治し方